アプリの背後にサーバーあり

アプリ事業部 プログラマーのTKです。
2か月ぶりの投稿です。

アプリ事業部では主にスマートフォンアプリの開発を行っているわけですが、
スマートフォンに表示される画面だけを製作している訳ではありません。

スマートフォンの画面に情報を表示させたり、画面から情報を送信するためには
ネットワークやサーバーの技術が必要不可欠です。

近頃は様々な企業でクラウドシステムを提供しています。
それも安価で便利な機能を利用することができます。

●さくらのクラウド
http://cloud.sakura.ad.jp/

●Amazon Web Service
http://aws.amazon.com/jp/

お蔭で自社内にサーバーを所有しなくてもインターネットを利用すれば、
サーバーシステムの開発を短期間で出来るようになりました。

少しでもネットワークやサーバーシステムに関する知識のある方なら
「インターネット上のサーバーという事であれば、レンタルサーバーというのが従来からあるのではないか?」
と考える向きもあるかもしれません。
ところが、クラウドシステムは従来のレンタルサーバー以上に容量やスペックを柔軟に拡縮する事ができますので、
近年の変化の激しいビジネス情勢にフレキシブルに対応する事ができます。

●「クラウド」と「レンタルサーバー」の違いとは?
http://www.idcf.jp/solution/select/rentalserver_cloud.html

ネットワークやサーバーはアプリと異なり、ユーザーの目に見えにくい所にありますので、
とっつきにくい印象を与えるかもしれませんが、アプリの縁の下の力持ちとして威力を発揮する
重要な役割を担っているのです。