Swift始めました

こんにんちは、プログラマのLFです。

ここ数日でようやくSwiftの習得を始めました。
案件が落ち着きつつあり、次の案件まで少し時間があるので
いまのうちにある程度習得を進めてしまおうと
毎日ちょこちょこコードを書いています。

ひとまずXcode6から搭載されたPlaygroundを使用して
Swiftのコードを書いてはリアルタイムに表示される結果を確認するところから始めて
いまは過去にObjective-Cで開発した案件の一部機能を
Swiftに書き直しているところです。
参考サイトに挙げましたが「作って学ぶSwift/iOSアプリ入門」のサンプルを一通り写経してみたところ
なんとなく理解が深まった気がしています。
習うより慣れろ。
とにかくコードを書いてビルドしてみることが大事ですね。

いまのところの感想としては
書籍などを数冊読んで学習して、案件もいくつかこなしているので
Objective-Cのほうが書きやすいなぁといったところです。

でもSwiftのコーディングルールに慣れたら
Swiftのほうが開発スピードはあがりそうだなーと
そんな予感がしています。
まぁまだ案件で使うには調査が足りませんし、
他のプログラマに引き継ぐことも考えると時期尚早かなーとかとか。
でもいまのうちから習得しておかないと
あっという間に取り残されてしまいそうな、そんな焦りもあったり。

ちなみに車好きの僕としてはプログラム言語のSwiftよりも
スズキから販売されているスイフトのほうが気になっていたり(笑)
実は当時乗っていたレガシィから買い替えを検討していた時期もあったのです。 

そんな絡みもあってSwiftの習得、頑張ってみようと思います(どんな絡みだ) 

参考サイト:
Swift入門 勉強記録 その1 Swiftとは、Playground起動 
初心者のためのSwiftプログラミング入門 
作って学ぶSwift/iOSアプリ入門