【PHP】日付計算の落とし穴 (その2)

アプリ事業部 プログラマーのTKです。

 前回の「日付計算の落とし穴」の続きです。
それでは、翌月の末日を取得したい場合にはどうすれば良いか?
という話ですが、以下のようにすれば良いことが分かります。

実行環境:PHP version 5.3.3

一旦、当月の1日に遡る

2カ月後の日付を取得する

1日前の日付を取得する

という手順を踏むことで、翌月の末日を取得することができました。

出力結果:

2012/01/29の一か月後→2012/02/29
2012/01/31の一か月後→2012/02/29
2012/02/29の一か月後→2012/03/31
2012/03/31の一か月後→2012/04/30
2012/04/30の一か月後→2012/05/31
2012/05/31の一か月後→2012/06/30
2012/06/30の一か月後→2012/07/31
2012/07/31の一か月後→2012/08/31
2012/08/31の一か月後→2012/09/30
2012/09/30の一か月後→2012/10/31
2012/10/31の一か月後→2012/11/30
2012/11/30の一か月後→2012/12/31
2012/12/31の一か月後→2013/01/31

今後もPHP,その他開発言語についてのTipsがあれば、
備忘録を兼ねて投稿しようと思います。