ご存知ですか? #9910(道路救急ダイヤル)

今回はハンドルネームにふさわしい内容になってるような気が…
少し前の話になりますが…ちょうど今頃の季節です雪
盛岡へ出かけていて高速道路を利用して帰途につきました。
雪が降っていて視界が悪く運転にかなり気を使いました。
安代JCTを過ぎると、まだ19:00前でしたが前後に走行する車もなくて
さびしいなぁ…などと思ったその時です!?
前方の追い越し車線側に黒い固まりが突然見えました。
減速しながら走行車線を走っていくと事故車両のようでした。
単独で横転して中央分離帯にフロントが向いた状態で止まっていました。
ライトもハザードランプも何もついていませんでした。
路肩に人影が見えたのでとりあえず中の人は無事なのだと思いましたが、
事故現場は路肩に雪が多く、視界も悪かったのですぐ近くに止まる事はできず、
100m程走ったところの除雪がされている路肩に車を止めて
急いで#9910(携帯からかける場合の道路救急ダイヤルです)に電話しました。
1kmおきに設置されている非常電話は雪に埋まっていて
使用できる状態ではなかったので…。
電話はすぐにつながり、
事故があった事を伝え、通報がすでにあったのかを訪ねると
「まだ」ということだったので
中央分離帯にあったキロポストはちゃんと確認していたので
その数字を伝え、事故車両は1台で中の人は路肩にいたようだったこと
非常電話が雪に埋まっていて使用できなかったことを伝えると、
事故を直接目撃したのかと聞かれました。
直接目撃していないことを話すとそのまま帰っていいが
念のため名前と携帯番号を聞かれこの通話が録音された事を伝えられました。
今の季節に限ったことではありませんが
車の運転には十分気をつけようと改めて思いました汗
ところで…どうして私が道路救急ダイヤルを知っていたのかですが、
普段から車の運転が好きで高速道路を利用することがわりと多く
経路や所要時間確認のためにNEXCOのサイトを携帯に登録していたからです。
最近の組版作業での話です。
作業後にBeforeAfter【ビフォーアフター】というアプリケーションソフトを
使用して正しく修正されているのか確認するのですが
修正のない箇所で罫線が反応しているところがありました。
4Cデータなのに1Cになっていたせいだったのですが、
出力したカンプではその罫線が1Cなのか4Cなのか微妙に判断が難しく
目視の復元確認では発見するのは少し厳しいものでした。
BeforeAfter【ビフォーアフター】とは我が社で開発された
PDF比較デジタル検版アプリケーションソフトです。
興味のある方はCTEのHPにアクセスしてみてください。
ミシュ◯ンマン
~カタログや広報誌の制作は若さあふれるCTE鹿角事業部へ!
  お問い合わせは弊社HPからお願いします!~