年末かぁ〜

なんだかいつも年末にブログ更新の順番が来ている気がする…
どうも流星です。
相変わらず東北は天気がひどいです。
晴れて道路の雪が無くなったかと思うと、次の日には30cmの積雪。
車に積もった雪を降ろすのが毎朝面倒で仕方がないです(笑)
~~~~~~~~~~~~~~
さて、いつもなら音楽ネタの内容を書いていますが
今回は珍しく違うネタです。
これ知ってる人はいるでしょうか?
「古館伊知郎のトーキングブルース2014」
アナウンサー古館伊知郎が自信の本音を交えた話を2時間休憩無しに話続けるトークライブ。
元々10年ほど前まで毎年行われていましたが、報道ステーションが始まるにあたり、
封印してきた物を今年1夜限りで復活させました。
その復活ライブが深夜帯でTV放送されたので観てみましたが、これが凄かった。
カットされた部分が多かったですが(約1時間に編集)、お酒を飲みながら鑑賞。
古館伊知郎の独特の間合い、喋りのスピードがとんでもない、にも関わらず一言一言がスッと頭に入ってくる。一度も噛まないのも凄い。「この人凄いな」と改めて思いました。
時折交える自虐ネタで笑いを誘いつつ観客を引き込む本物の「喋り手」を観た気がします。
自虐ネタはネットで話題になった「古館、パワポ知らない騒動」、「報道ステーション降板」等々。
「古館、パワポ知らない騒動」では、
「ネットで散々叩かれたけど、こいつらこんなに言ってくるってことは俺の事ちゃんと見てるってことだろ?もしかしてファンなんじゃないか?」
「報道ステーション降板」では、
「それを知ったのは週刊誌。記事を見て、え?俺辞めるの?ってなった。というか俺、辞めるんだって思い込んじゃった。」
内容はかなり際どいながらも本音を聞ける貴重なライブでした。
他にもアナウンサーとして感じた、便利になった世の中の真理を語ったり。
一つ紹介↓
「グーグルアースで地球の裏側の路地裏にいる猫を見る事が出来るようになった。凄いよな?だけどすぐ隣にいる子供の心は見えない。」
~~~~~~~~~~~~~~
最近、PS3に繋いでいるトルネの機能「ニコニコ実況」をONにしながらTVを観てます。
というのも今日紹介した「古館伊知郎のトーキングブルース」のような映像や番組が放送されている際に、色々な意見を見る事が出来るのが良いです。
中には完全に遊んでいるコメントもあったりしますが、賛否両論な考えがリアルタイムで見れるのは非常に便利です。年末もこの機能で特番見ようかと思います。
ではよいお年を~(。・ω・)ゞ
~カタログや広報誌の制作は若さあふれるCTE鹿角事業部へ!
  お問い合わせは弊社HPからお願いします!~