6年目にして驚愕の真実 

気づいたらもうすっかり年末ですね。
どうも流星です。
なんかここ数年、1年経つのが恐ろしく早く感じます。
夏から冬に掛けて秋をすっ飛ばしたような天気になったりもしましたから
余計そう感じるのかも知れないですね。
まだ雪は降ったり溶けたり。本格的にはまだ積もりません。
これはこれでなんかなーと思っています。
実は冬タイヤが6年目になったので買い替えたんですが、雪が降らない!
アパートにタイヤを置くスペースがないので片道2時間の実家に置いていますが
無駄に削れている気がしてなんか勿体なく感じてしまいます。
手違いでちょっと高めのタイヤを買ってしまったので余計に…
しかも、何故かサイズが一つ違う物を今までつけていたようでΣ(・ω・ノ)ノ!
今乗っている車は新古車(カローラで展示、試乗に使用していた)を購入したものなんですが6年間も気づかないとは…
さてここ数回のブログ担当記事で曲の紹介をしていますが
今回は「和ロック」を紹介しようかと思います。
曲調がアップテンポな中に三味線など和楽器を取り入れたりした楽曲をいくつか
紹介します。
「悦楽カメリア」水樹奈々
「拍手喝采歌合」supercell
「凛として咲く花の如く」虹色リトマス
「アジアの海賊」坂本冬美
実はこの和ロック、演歌やアニソンなど色々なジャンルで使われています。
ここ2~3年ではアニソンに多く使われているようです。
気になった方は一度聞いてみて下さい。ハマるひとにはハマると思います。
最近1~2年ほど前からとあるフィギュアに関心を持っています。
これは普通のフィギュアとはちょっと違います。
リボルテックというフィギュアシリーズで展開されている「REVOLTECH TAKEYA」
なんとこれ実際の仏像を可動フィギュアにしてしまったシリーズ。
サイズは約18cmで全身を完全に再現。
最初このシリーズの紹介ページを観た時は「バチが当たるんじゃ…」と思ってましたが
ちゃんと許可をとって製造してるみたいです。
新聞にも取り上げられたり色々話題になっており現在、13体ほど発売されています。
こういう斜め上のような考え方もデザインなどで必要なんでしょうね。
一つの可能性、方向性としてこういうものも「有り」と思うようになりました。
ちなみにこれ、色違いで木目版、金箔調版などがあります。
PS
この記事を書いている日の朝、アパート前でとんでもない物を発見しました。
なんとノートパソコン!!
電柱の根本になぜか置かれていました。
なぜそんなところに?と思ってしまいましたが出勤する時だったのでそのままに。
あれかな、不法投棄?
いや、そもそもその電柱のすぐ横にゴミ収集小屋があるのになぜそこに捨てる?
まさに奇妙な出来事。帰宅時にまだあるのか気になりながらこの記事を書いています。
~カタログや広報誌の制作は若さあふれるCTE鹿角事業部へ!
  お問い合わせは弊社HPからお願いします!~