インデザインでのフォント収集・追加作業の問題を解決!
作業効率の向上で、時間短縮によるコストの削減を実現!

フォント収集ツール FonToriとは?

InDesign環境下に無いフォントを効率的に収集・追加するツールです。フォントが無い場合に、このツールを使用して一気にフォント収集ができます。
名前は「Fontを取ります」ということでFonToriです。

なぜFonToriが必要なのか?

InDesignデータを開く際に、「環境にフォントが無い」とのアラートが表示されることが多々あります。この場合、フォントを管理している場所(サーバーや特定のフォルダなど)からフォントを収集しなくては作業が進みません。

使用頻度の高いフォントであれば、すぐに収集することができますが、メーカーによってはフォント名称とフォントファイル名称が異なり、関係が分かりにくい場合があります。収集に10分以上かかってしまうこともしばしばです。

FonToriが削減するコスト

DTPオペレーターの作業時に、1案件につき10分間フォントを収集する時間がかかっているとします。最低でも、一日あたり3案件として、年間として、これを50週行うと、


10分x 3案件 = 30分/日 x 5日x 50週 = 7500分 ÷ 480分(8時間) = 15.6 日 !!


DTPオペレーターの年間の作業のうち、2週間以上はフォント収集に費やされていることになります。 オペレーターの人数分となると、多くの時間と労力が費やされていることが分かります。

フォント収集にかかる労力をFonToriが一気に解決いたします。

FonToriを導入するメリット
弊社ではこのツールを開発・導入した結果、以下のような効果を得ております。

●フォントを収集するための労力回避による作業者のストレス軽減・作業効率のアップ

●時間短縮によるコストの削減

●フォントを探す際の正確性からミスを削減。生産性効率のアップ

製品の動作説明
  • ①InDesignを開くと、フォントのアラートが表示されます
  • ②FonToriを起動し、コピー先を指定します
  • ③FonToriが環境に無いフォントを表示します
  • ④フォントがコピーされ、ドキュメントに反映されます。瞬間で完了!

動作環境・収集対象フォント・使用に適した環境

動作環境:
OS10.6以降のIntel Mac。InDesign CS4以降。

収集対象フォント:
OTFフォント、bitmapフォント (CIDは対象ではありませんが、収集候補としてリストアップする機能があります)

使用に適した環境:
フォントをネットワーク上やローカルで一元管理しているDTP制作環境が適しています。

使用期間

使用期間:
申込月より利用可能。利用期間は1年間で、申込月翌月から1年間とします。
例:2015 6/10申込の場合、翌年の6/30までご使用できます。

使用台数と販売価格
台数 金額(税抜)
1~10台まで 100,000円
11~50台まで 250,000円
※50台以上のご使用はご相談となります
お申し込み
申込書・使用許諾書はこちらから取得できます。
申込書に記載の上、弊社あてにファックスまたはメールでお申込下さい。
デモ版のご案内

弊社ツールサイトより取得できます。

※毎月月初に、月末まで使用できるデモ版を登録します。 マニュアル「スタートアップ編」に従って、まずはお試しください。

※Macintosh、Macは、Apple Inc.の商標です ※Adobe、Adobe ロゴ、およびAdobe InDesignは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

お問い合わせ

製品サポート宛  : 
製品開発担当  : 鎌田(03-5689-4161)までお願いします。