Pocket

世界旅行をする人

ネットでたまに見かける「外国に頻繁に行く人」
リゾート地らしき島で楽しく過ごす写真がアップされたり、
フォトジェニックな文化遺産や建築物をこれでもかと言わんばかりに、
SNSのタイムラインに投下している人。
個人的に世界の景色をスマホひとつで身近に感じられるのは嬉しく、
ついつい見てしまいます。
なにより「海外旅行を頻繁にする体力」はひとえに尊敬してしまうんですよね。
 
人にはそれぞれ色んな夢があって
「オリンピック選手になりたい!」
「発明で世界を驚かせたい!」
「石油王になりたい!」
なんて個々人の夢、はたまた野望を抱えて生きていると思いますが、
皆さんはどうでしょうか?
僕の友達は夢かどうかはさておき、
「バックパッカー」をしてきました。
前置き長くなりましたが、最近アコギにはまっている『こう』です。
「外国でどうやってそんな長く暮らすの?」って話です。
 
 
そもそもバックパッカーって何なの?
と改めてネットで調べると概要は以下のようなものです。
 
『バックパッカー(英語: backpacker)とは、低予算で国外を個人旅行する旅行者のこと。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、この名が付けられた。日本語では「パッカー」「バッパー」と略すこともある。こうした旅行(バックパッキング、英語: backpacking)はまた、自由旅行や低予算旅行(英語: budget travel)とも呼ばれる。
一般的な旅行者との違いとして、世間的な休暇よりも長い期間に亘ること、バックパックを使うこと、移動に公共交通機関を利用すること、高級なホテルではなく、ユースホステルや安宿を利用すること、観光地を見るだけでなく、地元の住人と出会うことにも興味があることなどが挙げられる。』
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

なるほど、記述されている通り、
キーワードは「低予算であること」のようですが、
一体全体、どうやって安く世界を回るんだよ!
と、片田舎で夕飯に勤しんでいる最中のこと、イギリスに滞在中の友人から電話がかかってきました。
「おつかれー!元気かー!」
と普段通りの会話が始まって拍子抜けしましたが、
ついでに泊まっている宿について聞いてみると、
『Airbnb(エアビーアンドビー)を利用して一軒家とかみんなで借りて過ごしているよー!』とのこと、
聞きなれない単語が出ました。Airbnb。
どうやらこの「Airbnb」はいわゆる民泊をサポートしてくれるサービスで、
『空いてる部屋や家を貸したい人』と『借りたい人』を繋げてくれるマッチングサイトだそうです。

 

 

昨今、シェアリングエコノミー(みんなで使ったり交換したりしようよ!な考え方)
が注目を集めていますが、このAirbnbはその宿泊施設版。
アプリも出ているので、実際インストールして検索してみると、
 
確かに安い。
何より大人数で利用を検討している場合、個人負担額の安さに驚きます。
友達はこれを仲間たちと一緒に利用して、各地で民泊をすることで予算を抑えていたみたいです。
ちなみに友達は住宅の家主がいる「ホームステイ型民泊」などではないため、
まるで外国に別荘を持ったような気分で悠久の時を過ごしていたそうです。
そんな風に聞くと是非使って見たくなりますね。
 
今年のGWは各祝日が折り重なって10連休ということですが、
日本各地で利用する方もいっぱいいるんでしょうね。
 
ホテルや旅館など、一般的な宿泊施設と比べたときのメリット・デメリットなど、
自分に合ったほうを見つけて、ルールとマナーを守った人情的な旅をしていきたいなと、
ふと思いました。それではまた。

Pocket