Pocket

平成最後の夏

初めまして、こんにちは。KYです。
 
平成最後の夏、皆さんはどのように過ごされましたか?
旅行、サマースポーツ、甲子園、ひたすら仕事……という方もいらっしゃるかと思います。
 
私自身は例年同様、仕事をして、家でだらだらして……と、いつも通りの夏でした。
普段から引きこもりの気がある人間なのですが、人混みと暑さが苦手なもので、夏場は極力どこにも行きたくない。
薄暗い部屋の中、無心でインターネットをすることが、至高の喜びなのです。
 
そういう無精者ですから、当然日常には山もなく谷もなく。
このまま秋冬を迎えるんだろう。
そう思っていたのですが、予想は見事に覆りました。
 
五か月ほど前に買った車をぶつけ、リアガラスが粉々に砕け散ったのです。
大きな音を立ててガラスが吹っ飛び、木端微塵のそれが日の光を弾きながら落下する……
 
まるで、花火です。楽しくも何ともない、悲しい悲しい花火です。
 
この真昼の花火と修理見積もり額20万7446円の爪痕が、私の平成最後の夏の思い出です。
秋冬に季節外れの花火を見ないよう、気を引き締めて日々を過ごそうと思います。

Pocket