Pocket

年をとりました(^_^;)

ご無沙汰しています!
次男坊の内定が決まり一安心している柳沢です。
  
現在短期大学2年生。
3・4年への進級も推薦出来ると担任の先生からお言葉を頂いていたのですが、
今の家を手放すかどうかを妻と話にしていたところを聞かれ、
進学はしない、地元に就職すると言ってくれた経緯があるのです。
親として情けなく申し訳ないという思いと、
そのような思いやりが持てる子に育ってくれて有難いという思いが交差。
  
内定先に関しても、
企業側から担当の先生に連絡があり、我が子が声を掛けられたのがきっかけ。
  
今は、次男が将来独立したときは孫の面倒をみながら暮らそうかと妻と話しています。
それまで生きているかも微妙なんですが・・・。
こんな話をしていると、早く孫の顔が見たいと言っていた親の気持ちが理解出来ます。
きっと、それだけ年をとった証なんでしょうね。
  
親の役目が一段落です。

Pocket