Pocket

続いているのがすごい

10月、11月に小説「十二国記」の新刊が発売されました。
 
18年振りの新刊だそうです。
 
 
18年はさすがに。
 
以前発売された短編集の奥付は6年前。
 
帯に12年振りの新刊と書いていました。
 
 
 
本編が18年振りなんですね。
 
戴国がやっと救われるんです・・・よ、ね?
 
あの国には容赦がない(と思われる)ので
 
是非とも読んでみたいところです。

既刊を探しているうちに短編を読み返し始めてしまったので

まだ新刊には手をつけていませんが、大切に読みます。

文体が硬くてなかなか読み進まないので

来年の春くらいには読み終えているといいなと思っています。

Pocket