ARって楽しそう

こんにちは、プログラマのLFです。

最近AR技術を使った塗り絵などを立て続けに紹介されたこともあり
個人的にとても興味がわいてきました。

ですので、ちょこちょこiOSの勉強の合間に
ARについても勉強しようともくろんでいます。
飼い猫の写真をマーカーにして、飼い猫の3D画像が動いたりしたら
もうたまりませんよね!
ぜひ個人名刺に導入したい!
猫大好きです。

さて。
Google先生でARで検索したところ、
無料のVuforiaというライブラリが人気がある模様。
iOS用のサンプルもあるようなのでいろいろ試してみます。

またゲーム開発環境のUnityからiOSやAndroid用に書き出しができるみたい。
こちらのほうがやれることの幅は広いようですね。

これはやってみるしかないでしょ!と現在環境構築中です。

まずはVuforiaのライブラリを取得して、
続いてUnityをインストールして…。
わくわくが止まりませんね。
環境構築好きなんですよねー。
こう、新しいことを始めるぞ!ってモチベーションがあがります。
まぁ環境構築したまま放置しているものも数知れずあったりするのですが(苦笑)

工程については私が説明するより
すでにたくさんの方が記事にされているので
そちらを参考にされるのがよいかと思います。

ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!①【発掘篇】
無償ARライブラリVuforiaをiOSで楽しむ[導入編]
【30分でできる】Unityで簡単にARアプリを作る

ARについては今後ちょくちょく記事をあげていこうかと思いますので
興味のある方はお楽しみに。

お仕事に追われていなければ…(笑)