“BeforeAfter”は本当に便利なのか!?本当に印刷事故を防いでくれるのか!?ホントのところを大調査!

変化箇所を画像で表示!赤字外変化を見逃さない! 約200社様での導入実績!
画像データにも対応するPDF比較検版ソフトの決定版

校正時間短縮! 製版事故減少! 安価便利高速! 品質保証!
BeforeAfter(サーバ版)について
1.BeforeAfterとは
BeforeAfter【ビフォーアフター】はPDFを比較し、変更箇所を画像で表示するデジタル検版ソフトです。2008年社内ツールとして開発。 変化箇所の見やすさと分かりやすさで、社内のデータ修正ミスによる事故発生が1/10に減少するという効果をもたらしました。 このソフトは世の中に役立つハズだ! という考えのもと、製品版を開発し、2010年4月より販売を開始いたしました。そして、2014年3月現在、DTP制作会社様・デザイナー様だけでなく、印刷会社様、システム会社様、パッケージ制作会社様など様々な業種のお客様に「校正時間の短縮」と「品質保証」の一環として導入いただいております! PDF、TIFF、JPEG、PNG、PICTデータでお使いいただけます。
BeforeAfter(サーバー版)の特長
    • 差分箇所の検出を画像で表示
        比較する新旧のPDFデータをペアにして、BeforeAfterのフォルダに投入すると、PDFの各ページを画像化し、新旧を比較して、差分箇所を検出します。
    • 複数ファイルを一括で比較可能
        比較する新旧のデータをNewフォルダとOldフォルダにそれぞれ投入。同じファイル名同しをペアにし、一括の比較が可能です。
    • PDFで比較結果を確認
        比較結果はPDFで見ることができます。差分があった箇所は強調色で表示し、差分のない箇所は半調で表示されます。
        差分があったページのみの比較結果PDFを作成することもできます。数百ページのPDFで、差分箇所が少ない場合に便利です。
    • ブラウザでのアオリ検版が可能
        新旧のページ画像をアニメーションGIFにして、ブラウザで表示します。新旧データが一定間隔で切り替り、アオリを行います。
※BeforeAfterはインテルMac OSXにインストールいたします(10.5以降)。

ジャンプボタン

2.操作手順
  1. インストールは3つのアプリを起動するだけ。1, 2分で完了です。
  2. インストール後に、BeforeAfter用の共有フォルダが作成されます。
  3. 共有フォルダの中の開始フォルダ(HOTフォルダ)に、比較する新旧のデータを投入します。Newフォルダに新のデータを、Oldフォルダに旧のデータを入れることでペアにします。
  4. サーバ利用版では、投入後自動的に比較処理が開始されます。個人利用版では投入後、アプリケーションをダブルクリックすると比較処理が始まります。※投入データがPDFの場合、各ページを画像化し、新旧の画像をマッチングさせ、差分箇所を検出します。
  5. 処理が完了すると、共有フォルダの中の終了フォルダ(ENDフォルダ)に処理結果が自動的に移動します。比較結果はPDFで作成されています。
  6. 差分があった箇所が強調色で、差分のない箇所は半調で表示されます。
 
動画でわかるBeforeAfter(サーバー版)の使い方

STEP1:インストールするユーザを確認

STEP2:インストールしてみましょう

STEP3:比較してみましょう

STEP4:強調色を変更しましょう

STEP5:アオリ機能を使いましょう

STEP6:毎日定時に削除します

3.よくある質問
  1. 1. Windowsでは、動作しないのですか?
    オリジナル版をインストールするPCは、Macのみとなります。MacのWindows共有を利用すれば、Windowsから比較データの投入は可能です。新製品CV版は個人利用版ですが、Mac/Winどちらでも対応可能です。
  2. 2. ネット接続している環境下での使用が動作条件となっていますが、ネットと接続できない環境で使用することができますか?
    ご利用毎に、正規ユーザを確認する為に、弊社認証サーバーに接続しています。ネットと接続できない環境の場合、Macの機種IDを弊社にいただき、ソフトに埋め込むことを行っています。 そのオプション料金として、2万円の追加料金を頂いております。
  3. 3. 処理速度はどの程度ですか?
    インストールするMacのマシンスペックに依存しますが、弊社Mac miniでは、A4 1ページを7秒で処理しています。1500ページの処理では、1時間で完了した例もあります。
  4. 4. 画像化する際、CMYKデータはどうなりますか?
    RGB画像に変換しての比較となります。
  5. 5. 試してみたいのですが、デモ版などはありますか?
    弊社のツールサイトからダウンロードできます。30回まで利用可能です。購入を前向きに検討するためにもう少し利用したいお客様には、1週間程度利用できる評価版をご用意しています。
  6. 6. 保守料金はかかりますか?
    かかりません。買い切りになります。
  7. 7. 一度インストールしたMacとは別のMacにインストールする場合、どういう対応が必要になりますか?
    弊社認証サーバの利用履歴をクリアする必要があります。その旨を弊社サポートまでご連絡ください。
  8. 8. OSXのバージョンを上げた場合、どういう対応が必要になりますか?
    幾つかのアプリを入れ替える必要がございます。新しいCD-ROMをお送りいたします。対応料金として2万円を頂いております。
  9. 9. 印刷機材を扱っている代理店からの購入はできますか?
    可能です。代理店様より弊社にご連絡ください。
4.スペック
比較対象データ PDF、TIFF、JPEG、PNG、PICT (新旧のデータの制作環境や制作サイズが同一でない場合、差分が出やすくなります。)
比較結果データ PDF、ログファイル
システム要件 Mac OSX10.5以上 IntelCPU 2GB以上 弊社認証サーバにHTTP接続可能な端末環境
同時接続数
    【OSXサーバーソフトインストール時】 無制限/【非インストール時】 10人
5.カスタマイズ
※使用する場面に合わせたカスタマイズのご相談も承っています。カスタマイズは有償となります。お問合せやカスタマイズのご希望は、こちらのフォームからお問い合わせください。以下は一例となります。
  • 1) 新旧ペアを自動で作成し比較するカスタマイズ。
        ファイル名や制作日時から最新の旧ファイルを探し出し、最新のファイルを用意するだけで、旧ファイルとの比較が可能となります。
      ※カスタマイズしていないBAでは、最新ファイルと、旧ファイルのペアを都度用意する必要があります。
  • 2) 同時に処理を行い、待ち時間を減らすカスタマイズ。
      月末、期末などで投入が集中しても待ち時間を減らせます。
  • 3) 版面外を白く塗りつぶす際、上下左右の塗り幅を指定できるようにするカスタマイズ。
      製品版では、上下左右一律の値で塗りつぶされる四辺を、それぞれに異なった値で指定できるようにできます。
        版面以外の箇所で反応をさせたくないなどの場合に有用なカスタマイズです。
  • 4) 変化が無い箇所の色を薄くするカスタマイズ。
      製品版の半調のさらに50%程度の半調にし、変化がなかった箇所の色を薄くできます。変化のあった箇所がわかりやすくなるカスタマイズです。
デモ版ダウンロード

弊社ツールサイトより取得できます。 インストールしたMacから30回ご利用できます。
※Macintosh、Macは、Apple Inc.の商標です
※Adobe、Adobe ロゴ、およびAdobe Illustrator、Adobe InDesignは、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です

販売価格・ご購入
  • 販売価格
  • ◎サーバー版/270,000円(税込)
申込時に、OSXのバージョンをご指定ください。指定OSに最適化したソフトウエア構成となっております。  

ご購入をご希望の方はこちらより申込書・使用許諾書の取得をお願いいたします。 申込書をご記入の上、faxもしくはメールでお送りください。

アルプス製版/イープレス/英広社/永和印刷/NHKビジネスクリエイト/開成堂印刷/共栄香印刷/キュービスト/高速美術印刷/光陽社/駒田印刷/サンニチ印刷/シー・ピー・フレック/誠和/センターメディア/タナカ/タナカ印刷/タナックス/為国印刷/デジタルアドサービス/トクミ/日庄/バド・インターナショナル/ぱどデザイン工場/原宿サンアド/富士ゼロックス/文化堂印刷/ホンダコムテック/マクビーカタガイ/丸紅/郵宣協会

(敬称略/アイウエオ順)※掲載許可をいただいた企業様のみ掲載

他、約200社様にご導入いただいています。

お問い合わせ
お問い合わせに関しましては、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。 恐れ入りますが、ご連絡をいただいてから三営業日以内に返信がなかった場合、お手数ですが再度ご連絡をお願い致します。

株式会社シーティーイー 03-5689-4161(代)
営業担当:影山 開発担当:鎌田
メールアドレス