Pocket

そんなことまでシェアリング!?

いつもお世話になっております。
今回メールマガジンを担当致します、
制作チームの大嶋と申します。

暑さが落ち着き、過ごしやすい秋の気候となりました。
秋は行楽シーズンでもありますが、
今年は「シェアリングサービス」を活用して
普段と違った過ごし方をしてみませんか。


今回のテーマは、最近流行りの「シェアリングサービス」についてです。


流行に疎い私でも、すぐに思いつくシェアリングサービスと言うと
「カーシェアリング」や「シェアハウス」などです。
そんな「シェアリングサービス」ですが、幼稚園(保育園)の送り迎えや、
荷物置き場のシェアリングサービスまであるということを知っていましたか?


私は最近初めて知りました…


そもそも…私、恥ずかしながら「シェアリングサービス」の仕組みをよく知らず、
レンタルCD屋さん・古着屋さんなどと、どう違うのかすら分かっていませんでした。


シュエアリングエコノミー協会HP(https://sharing-economy.jp/ja/)掲載の
インタビュー記事でシェアリングエコノミー伝道師の佐別当 隆志さんは
シェアリングサービスの定義を以下のように話しています。
『シェアリングエコノミー協会では、ネットのプラットフォームを介して、個人間で貸し借りや売買を行うCtoC、もしくはBtoBサービスを、“シェアリングエコノミーサービス”と呼び、それを提供する企業を“シェアリングエコノミー企業”と定義。』


ということは…
・サービスを提供する側と、受ける側が同じ立場
・ネットを介して両者を結びつける
というところが、レンタルCD屋さんや古着屋さんとは違っているのですね。


さて、「シェアリングサービス」で検索してみると、本当に様々なサービスがヒットします。

子育てに関するシェア、旅先で便利なシェア、空間のシェア、ワークショップなどスキルのシェア、その他いろいろです。


その中で私が興味を持ったのは、お寺ステイ(OTERA STAY)というサービスです。
https://oterastay.com/


お寺ステイとは
【日本の歴史と文化が詰まった社寺での体験・滞在により「日本の魅力」と
「ありがとうの感謝の輪」を世界に広げていく体験ステイサービス】とのことです。


お寺ステイのホームページで紹介されている体験は、
数珠作り、滝行修行、本格ヨガ、ランチ付きのご祈祷など、お寺ならではのものばかり。
「お寺をシェアする」というと、なんだか言葉に違和感がありますが、
江戸時代には寺子屋として子供たちが集い、学んでいたと考えると、
仕組みは違えど、今も昔も変わらぬ役割を果たしているのですね。

Pocket