Pocket

InDesignのバージョンアップ、お任せください!/BACV増税前キャンペーン!

旧バージョン廃止?! お任せください! InDesignのバージョンアップ

『アドビでは、一部のアプリケーションの古いバージョンを非認定とし、使用を認めていません。』

このAdobeの発表にお困りの方も多いのでは?2019年5月より、Creative Cloudから旧バージョンのダウンロードができなくなりました。今後は最新の2バージョンのみが、Adobe認定のバージョンとなります。
 
 
これまで下位バーションで作業していたものは、バージョンアップする必要があります。
そうなると出てくるのはこんなお悩み…。

「バージョンアップしたらレイアウトが崩れそう…。」
「数ページの改版修正なのに、全ページチェックするのはツラい!!」
「ファイルを最新InDesignで開いて保存するだけでも手間…。」
 
 
では、実際にはどういった不具合があるかというと…。

・角丸オブジェクトのラウンドがなくなることがある
・アンカーした画像が消える(再リンクしないと表示されない)
・文字組や文字詰めが変化する

などなど。
 
 
CTEでは、そんなお悩みの解消をお手伝いいたします!
 
 ↓ ↓ ↓
 
①まずは検証したいデータをご送付ください!
 古いデータのPDFファイルとInDesignファイルをお送りください。御見積りをさせていただきます。

②InDesignファイルをバージョンアップ!
 御見積りに合意後、弊社にて旧バージョンからご指定のバージョンにバージョンアップいたします。

③PDFを比較しレイアウト崩れチェック!
 弊社の専用ソフトで新旧バージョンのPDF比較を行い、レイアウト崩れがないかチェックいたします。
 PDFの比較結果はフィードバックいたします。

④変更部分を修正!
 フィードバック内容をご確認いただき、変更部分は修正いただければOKです。
 バージョンアップ後の修正もご希望の場合は、別途ご相談ください!
 
 
InDesignバージョンアップでのお悩みがありましたら
弊社HPのお問い合わせフォームからご連絡ください!
 ↓ ↓ ↓
https://www.web-cte.co.jp/contact
__________________
___

PDF比較検版ソフト「BeforeAfterCV」
消費税増税前10%OFFキャンペーンを実施いたします!

本年2月に開催されたpage2019(JAGAT主催)にて出展し、その後もたくさんのご注文、お問い合わせをいただいておりますPDF比較検版ソフト 「BeforeAfterCV」に関して、日頃のご愛顧に感謝し、この度、消費税増税前10%OFFキャンペーンを実施することにいたしました。

CV版ではWindowsにも対応し、DTP制作会社様、デザイナー様だけでなく、広告代理店様、出版社様、システム会社様、設計事務所様など幅広いビジネスにご活用いただけます。
是非この機会に導入の検討をしていただければ幸いです。

■BeforeAfterCV
通常価格
個人版 …\86,400(税込)
サーバー版 …\399,600円(税込)

消費税増税前10%OFFキャンペーン価格
個人版 …\77,760(税込)
サーバー版 …\359,640円(税込)

※キャンペーン期間 2019年8月1日(木)~9月30日(月)ご注文分がキャンペーン価格の対象となります。

【注意事項】
キャンペーン価格が適用されるのは個人版、サーバー版を新規購入、もしくは追加購入される場合にのみ適用されます。

【デモ版について】
デモ版(20回試用)ダウンロードはこちらになります。
https://www.web-cte.co.jp/tools/index.php?main_page=index&cPath=20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ CTEメルマガ編集部が選ぶ注目ニュース

【Indesign】バージョンアップ/ダウンの危険性
https://www.sanbi.co.jp/related/technicalguide/notes_indd-version/
 
 
InDesign 不具合時に環境設定ファイルを再作成する
https://faq.too.com/faq/show/2632?category_id=20&site_domain=default

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 編集後記
暑い夏がやってきました。
皆様、体調管理には気をつけてお過ごしください。

Pocket